転職を成功させる!求人情報の読み方

求人情報を見たことのある人はたくさんいるのではないでしょうか。
私は、毎週のように新聞の折り込み広告で求人情報を見ています。
働く働かないは別として、どのような求人があるのかチェックをするのが楽しいのです。

リーマンショック以降、求人はかなり減りました。
しかし、ゼロになることはありません。
企業は落ち着きを取り戻し、様々な職種の求人が見られるようになりました。
しかし、求人にはとても偏りがあるのも事実です。
毎週のように見かける職種もありますし、全く見かけない職種もあります。
やはり、不況の影響は多少なりとも残っているのではないでしょうか。
景気に左右されにくい職種といえば、医療業界を思いつく人も多いと思います。
リーマンショックで、大企業だから安心という考えは皆さんの中で崩れて行きましたね。
派遣切りという言葉も記憶に新しいと思いますが、どのような業界で働くかということは重要なようです。
リーマンショックの時にも活気のある企業もあったことでしょう。
しかし、それが必ずしも大企業と呼ばれるものではなかったのです。
必ず安定している企業というのは今や無いに等しいのです。
加えて、企業は被災地支援の名のもとに被災地の人の雇用に乗り出していますので、それ以外の地域での求人が少なくなることも頭の中に入れておきたいですね。

求人情報を見ていると、以前より応募条件が厳しくなったように感じる人もいるかと思います。
私もそう感じている1人です。
以前は経験や資格にこだわらないものが多かったのですが、最近の求人は経験や資格をとても重視しています。
やはり即戦力とならなければ、無駄な時間や経費がかかってしまうからでしょう。
企業の求める人材と、自分の求める企業とが一致して初めて満足のいく求人といえるのではないでしょうか。
求人が少ないからと言って、妥協をせずに求めることがとても大切だと思います。
自分が何を1番優先して考えるのか書き出してみたうえで、求人を探すと、求めているようなものに出会えることでしょう。

【おすすめサイト】
マイナビの転職支援サイト。希望条件で簡単検索。ピッタリの仕事が見つかります。
記事を共有する このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright (C)2014転職を成功させる!求人情報の読み方.All rights reserved.